旦那が欲しかった本の正体を知って、笑っちゃいました。

旦那がHMVのメールマガジンで本が安くなるクーポンが届いたよ! と年齢に似合わず無邪気に喜んでいたので、
それなら娘に絵本を買ってあげて、と頼んでみました。
少しは妻や娘のことを思ってね。と、暗に伝えたつもりです。
それならみんなで一冊ずつ購入しようということになりました。
旦那はもう欲しい本が決まっていて、早く欲しいので今日中に頼む本を決めてほしいとのこと。
いきなりすぎるよ~となりつつも、娘と一緒に絵本を選ぶことにしました。

三歳の女の子って、普通はどんな絵本が好きになったりするんでしょう?
図書館や本屋さんには行くけれど、同い年くらいの子がどんな本を読んでいるのか分からないので、
年齢にあった本というのがいまいちわからなくて困ってしまいました。
妖怪ウォッチの影響なのか、娘は最近おばけが好きなので、おばけの絵本が何かないかなと探してみると、
HMVに妖怪の絵本ページというのがあったので、そこから娘の気に入った本を選んでもらうことにしました。

「ねないこだれだ」と「妖怪横丁」で悩んでいたので、私の分はやめて、絵本を二冊買ってあげることにしました。
でも、妖怪横丁って絵柄が女の子向けじゃない気がするんですけどねw
そして、絵本が届いてびっくり!
「ねないこだれだ」「妖怪横丁」それにもう一冊、「きんぎょがにげた」って絵本が入っていたんです。
きっと旦那が選んだんでしょうねw でもこれ、もっと小さい子向けな気がするけどなぁw
結局、絵本が三冊届きましたw 娘は大喜びですw
私たち親ばかなんだろうなぁ、って思いましたw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です